09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ファーム行き

2011/04/14
4月27日からファーム(農場)で働いてきます!
「セカンド」ワーキングホリデービザを取るために。

ワーキングホリデービザは通常1年間なのですが、
政府の指定する過疎地域で季節労働(農畜産業、漁業、採掘、建築等)の仕事を
3ヵ月間こなすと、ワーキングホリデーの期間を1年延ばす事が出来ます。

ファームは大きく分けて2種類あります。

■収穫しただけ報酬がもらえる、出来高制のファーム
農作物のピッキング(収穫等)が主な仕事。
重労働である事が多い。バナナの収穫とか。
とにかくお金を稼ぎたい人にオススメ。
やる気や効率次第で週にAU$1,000(約9万円)稼ぐ人もいる。

セカンドビザ申請の日数は、仕事をした実日数をカウントされるので、
申請出来るようになるまで4ヵ月くらい必要。
(天候やワーカーの数によって、週あたりの仕事日数が変わる)

■WWOOF
住む場所と食材を提供してもらえるが、報酬はない。
滞在日数を全てカウントしてもらえるので、
3ヵ月ピッタリでセカンドビザの申請が出来る。

WWOOF本を買って、メンバーシップナンバーを手に入れる必要がある。

Highslide JS



ファームでの仕事の経験は積みたいものの、他にもやりたい事がたくさんあり、
あまり長い時間をかけたくはないので、WWOOFにしました。

農場はケアンズから西に100kmのマチルバという場所です。
WWOOF本に書いてある内容は、

「ライム、ライチ等を育てている。牛や馬、羊、鶏、犬がいる。
 遊泳、リラックス、魚釣りに使えるダムがある。
 仕事内容は植付け、雑草刈り、収穫、農作業に関する雑用など」

犬がいるというだけでテンションが上がってしまう!
今の時期は、サツマイモの収穫が主な仕事だそうです。


ところで、このファームに行くためのバスは
月・水・金曜にそれぞれ1本ずつしかありません。
そして少なくとも、月曜から金曜までは仕事があると思います。

つまり、一度行ったらケアンズ市内に帰れない。


Highslide JS
 Highslide JS

こういう景色ともしばしお別れ

さらに、携帯は圏外。
ワーカーはインターネットも使えません。
陸の孤島とはこの事か。

ともあれ、27日までにいくつかアクティビティをこなしておきます。
明後日はグリーンアイランド!
スポンサーサイト
21:27 ファーム | コメント(3)
コメント
No title
こんにちは!
いきなりのコメント申し訳ありません。
ブログの内容にとても興味がありましたので、コメントさせていただきました。
セカンドビザについて質問させていただきたいのですが、ファームの仕事を終え、セカンドビザの申請までに4ヶ月くらいかかるとおっしゃっていましたが、それは3ヶ月のファームの仕事を終えてさらに4ヶ月くらいかかるということですか??
よろしければ教えてください。
No title
こんにちは!
コメントありがとうございます。
説明不足でごめんなさい。

通常の(WWOOFではない)ファームの場合、
ワーカーの数や天候などの影響により、仕事が出来ない日が出てきます。
例えば、週に4日しか働けなかったとしたら、
セカンド申請の条件である3ヵ月(厳密には88日)を満たすために、
22週間必要になってしまいます。

条件さえ満たせば、すぐに申請ができ、セカンドビザが降りるのはすぐだそうです。
※ゆるゆるのオーストラリアなので、日本の「すぐ」と同じスピードではないので注意が必要です。


WWOOFなら、仕事の有無に関わらず、3ヵ月ピッタリで申請できるようになります。
聞く所によると、休みの日はないそうですが。

WWOOFは、年齢の条件等の理由でセカンド申請をなるべく早くしなければならない場合や、ファームにかける時間を短くしたい場合などにオススメです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。