09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

市内のプールとフードコート

2010/12/16
朝、テレビをつけてみるとポケモンが!
今朝は家に俺一人だけだったので、しばらく見てみます。

Highslide JS


子供向け番組(日本では違いますが)なので、
簡単な単語、わかりやすいセリフが多く、結構聞き取れます。
ただ、鳴き声率が高いので、時間あたりの勉強量は少ない気はしますが。


話は変わって、街の中に自由に入れるプールがあります。

Highslide JS


向こう側は海です。プールの規模を超えている!

今日は自由時間が多いので、改めてお店を周ってみました。

Highslide JS
 Highslide JS
Highslide JS
 Highslide JS
Highslide JS
 Highslide JS

フードコートにはHUNGRY JACK'S(バーガー), DONUT KING(ドーナツ) など、
オーストラリアではメジャーなお店が並んでいます。

また、マクドには日本にないメニューが。
それから、SUMOU SALADという、おおよそ相撲は関係ないであろうお店まで。
食べてみたい物がたくさんです。


帰りのバス停付近で、黒人のおばちゃん同士のケンカが始まりました。
殴り合いにはならなかったものの、すごい剣幕でにらみ合って、
ファッ○ ○ァッカーの猛襲です。
絶対、一般的な日本人男性より強い!
こんな所も規模が違う。


帰りのバスに乗って一段落と思いきや、
途中から違うルートを走り出しました。

バスを降る際、アナウンスがないので、降りたいバス停を自分で見つけて
近づいてきたらブザーを鳴らさなければなりません。
しかも植物ばかりで目印になるものがほとんどない。
ただでさえ、旅人に優しくないシステムだというのに、
違うルートを走り出した日にゃぁ……。
ドライバーに確認して無事降りられましたが。

何故違うルートを走ったのかと、ホストファミリーに聞いてみると、
「乗るバスを間違えたんじゃないか?」と。
俺は俺で
「いやいや、ちゃんといつもの場所でいつものバスに乗ったし、
 ドライバーにもバスナンバーを確認したから、間違ってはいない」と。
どちらも引きません。

結局、事故か何かのせいで経路を変更したのだろうという事が分かるまで、
10分くらいかかりました。

ちなみに、何故ホストファミリーが引かなかったのかというと、
バスのタイムテーブルがとにかくややこしいからです。

バスの経路名表記が、1C,1E,1F等で、
Transit Mall(終点のバスターミナル。帰りはここから乗る)の
停留所表記がA,B,C,……です。

かと言って、1Cのバスが停留所Cに止まるわけではありません。

「確かに停留所Cで1Fのバスに乗ったんだけど」
「いや、お前が乗ったのはきっとCだ」
「だから停留所Cで」
「違う違う。言っているのは経路名の1Cで……」

こんな会話が全て英語です。ごっちゃになるのは仕方ない。
スポンサーサイト
23:10 ケアンズの日常 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。